合宿2日目レポ♪

みなさんこんにちは。

フルートパートのT.Eです(*^^*)

さて、今回は合宿2日目の様子をお届けします。

前回、前々回のブログでもお話したように、合宿は3日間行われるわけですが、学生から社会人のみなさんまで、様々なバックグラウンドを持った団員で構成されている多摩ファミ!

1日目は部活動があったり、仕事があったりする方もいらっしゃいます。ので、2日目から参加する団員もいますよ。

人数も増えて、朝は各パートに分かれてパートやセクションでの練習です。

大小の2つのホール、合宿所の広間だけでなく、各人の部屋も全て使っての練習です。

これは合宿所ならではですよね。

木管楽器はそれぞれ各人の部屋に別れて個人練習を行いました。

一人の部屋で思いっきり時間をかけて基礎練習から曲練習まで吹きまくる!普段仕事をしていたりすると、なかなかじっくりと思いっきり音を出して練習するという機会を得るのは難しい場合もありますので、とっても贅沢な時間でした。

そして午後はそのままTutti(合奏)へ突入。

今回の合宿でのテーマ、中プロの舞曲を徹底的にやる!ということで、今日のTuttiはドイツ舞曲まつりでした。

日本の舞踊とは全然違いますからね!盆踊りにも民謡にも、この西洋の三拍子のリズムってないと思いませんか?

だから、日本人はこの三拍子は苦手とよく言われています(汗)

ダンス習ってみようかしら・・・とついつい思ってしまう今日このごろです。

一日中練習に明け暮れるという、まさに合宿ならではの体験の後はみんなが楽しみにしていたBBQ(バーベキュー)と昨年は台風でできなかった花火肝試しイベントで盛り上がりました。

私は肝試しイベントに参加してしまうと夜一人でトイレにいけなくなってしまうので(^_^;)、肝試しは遠慮いたしました~

が、初回に総括を書いてくださったバイオリンのwちゃんは喜々として参加しておりました~

昨年できなかったから、きっと楽しみにしていたんでしょうね(^^)

最後の締めはやはり夜の大人の座談会(地ビール、焼酎、チューハイ各種、ソフトドリンク&おつまみ付きです♪)

こうしていつまでも楽しい夜は続いていくのでした。。。

さあ、2日目から参加したオーボエのIさんが3日目にどうなったのか?

次回はご本人に綴っていただきますので、

みなさん、楽しみにしていてくださいね

合宿1日目レポ♪

みなさんこんにちは。

フルートパートのT.Eです(れっきとした地球人です(*^^*))。

さて、ここからは2泊3日オーケストラ合宿での日々をお届けします。

私はもちろん初参加♪
子供たちも連れて家族全員で参加しました。

というのも、我が家は夫婦揃って同じオーケストラに所属しており、子どもたちだけを家にはおいておけないので、一緒に連れていったという次第です。

練習中子どもたちだけで時間を潰す必要はありますが、このように家族を受け入れてくれるのも嬉しいところです。

さて、合宿初日はお昼に現地集合。皆さん各々で現地へと向かいます。

このオーケストラには、10代から60代くらいまで幅広い団員が活動していますので、車を持っている人と乗り合ったり、電車で向かったり、家族に送ってきてもらったり、色んな方法で集合。

私は全く知らなかったのですが、今回の合宿所近辺は研修所のメッカらしくあちこちに「音楽の家」がありました。

施設には三重窓を完備した本格的なホールがあり、なんと!朝7時から夜は9時くらいまで楽器が演奏できるのです。

集合したら軽くミーティング。

研修所の手配や部屋割りなどはすべて合宿係のみなさんが大活躍です。

そして早速Tutti(テュッティ)。

1日目は昼の部4時間、夕食を挟んで夜の部も3時間

演奏会でのメイン曲「英雄」、そして「ドイツ舞曲」

みっちりと練習ができました。

普段はどうしても仕事や家事や学校などもあり、週末の練習も時間が限られているのでこうしてじっくりと取り組む場があるというのはありがたいことです。

なにより、主婦の私として一番嬉しいのは、「ちゃんとしたご飯が出されてくる」こと\(^o^)/

合宿所で作ってくださる食事はとっても美味しかったです。

そして、一緒に練習した仲間とわいわい一緒に食卓を囲むのは賑やかでとても楽しいひと時でした。

夜は子どもたちは先に休んで、大人たちは、お約束の語らいの時間ですね~

音楽でもなんでも、一緒に何かをするときはお互いのことを知ることがとても大切だと思います。

練習ではおしゃべりの時間というのはなかなかとれませんが、こうしておしゃべりをして楽しむひとときはなんだか学生時代に戻ったようでもあり、今まで以上に団員の皆さんとの距離が縮まった時間でした。

まだまだ合宿は始まったばかり

次回は2日目の様子をお届けします♪

キャベツをザクッと切るように

みなさんこんにちは。

9月から入団しましたT.E.です。(あれ?結婚生活10年以上で初めてイニシャル使ってみたら、、、なんだかどこかの映画のタイトルのようですね・・・)

今回は少し前になりますが、海老澤先生のtuttiをお送りします♪

ところでみなさん、tutti(トゥッティ)ってご存知でしたか?

実は私は、入団するまでわかっていませんでしたー
合奏という意味なんですね。全体練習ということです。

(でも、ちゃんと入団できるし、知らなくても大丈夫( ´∀`)b)

それはさておき、

海老澤先生はチェロの先生でして、低弦のトレーナーをしてくださっています。フルートパートの私は初対面でした。

まだまだ入団したばかりですが、上條先生の他、多くの外部のトレーナーの先生に指導していただけるというのはありがたいな~と密かに喜んでいます。

そして、どの先生も優しい、楽しいです。これはとっても重要ですよね!教えてくれる先生のレッスンが楽しい♪

私は講師業をしているので、人に何かを伝えたり教えたりすることにちょっと敏感なのですが、リラックスした状態で楽しく上達したいと思わせてくれる
そんな教え方をしてくださる先生です。

そして、海老澤先生は、たとえがとっても面白いんです!

ここは、キャベツをザクッと切るように

Σ(゚∀゚ノ)ノキャベツをザクッとね

その感じ♪わかります~

そんな感じの音を出すのね~(キャベツをザクッと切ったことがない方はぜひキャベツをザクッと切ってみてください)

そして、演奏や音だけじゃない、「その次代に思いを馳せる」大切さにも気づかせてくれました。

「ベートーヴェンの時代を想像してみて。今の人はAKBも聞いてるけど、当時はブラームスですらまだ存在していなかった。バッハ?懐かしいね~、モーツァルトだって!生まれてた?うん!、という話をしている時代。この部分は、当時の人にとって超斬新だったの」

「ベートーヴェンの時代の最速の乗り物って何だと思う?馬車でしょう。車も新幹線も飛行機もないから。僕らと当時の人のスピード感はぜんぜん違うのね。そんなに速くないよ」

などなど、言われてみると「たしかにそうだよね~」とわかるけれど言われなかったら、そんなこと考えもしなかったな~と思うわけです。

私はこれまで、譜面にある音符を記号通りに吹くことばかり考えていたけれど、その曲の時代のことも考えると、もっともっと面白くなってきました。

今回の演奏会の曲「英雄」はまさにあのナポレオンが大活躍していたときに創られたものなんですよ。

そんなことを想像しながら聴くと、また違ったものが見えてくるかもしれませんね。ぜひ聞いてみてください。

そして、「どこが、”キャベツをザクッと” な音なのか?」もぜひ探ってみてください~(*^^*)

オケチャレ!レポート パート2

こんにちは♪
2nd,vnのI.Wです。

今年のオケチャレについて書きたいと思います!

今年も毎年恒例の「オーケストラにチャレンジ!」が開催されました!

2日間とも、たくさんの方が来てくれました!中には高校生のスポーツマンや小学5年生の女の子も!

参加の皆さんがとても楽しんでくださったようで良かったです。初めて会った人たちとも英雄を一緒に演奏できるのはとても楽しかったです♪

以上、オケチャレレポートでした!

オーケストラにチャレンジ!Vol.2

こんにちは!オーボエパートのY.A.です!

前回の記事(オーケストラにチャレンジ!Vol.1)、読んでいただけましたでしょうか?

前回に引き続き、今回もオケチャレVol.2の様子をお届けします!

 

今回も普段より1時間早くあつまって、会場のセッティングを行っていきました! 

準備の様子
積極的に設営に参加する小学生のWちゃん

ざっと設営した後は、お昼食べていない人どうしで、ご飯会!

練習会場となった中央福祉センター前では、毎月第3日曜日に縁日が開催されています。地元のおじいちゃん・おばあちゃんが手作りしてくれたカレーや焼きそば、唐揚げに大根の煮つけ、お餅など、やさしい味わいの品々をいただくことができます。 

カレー、焼きそば、唐揚げ、大根の煮付けの写真
カレー・焼きそば・唐揚げ・大根の煮つけ
食事中のメンバーの写真
さぁ、食べてオケチャレ頑張るぞ!

食べた後は、机を片付けて残りの設営を済ませます。

準備の様子の写真
ぼちぼち集まりだした様子

上の写真だとまだまだ人が少ないように見えますが、実は今回も多くの方にお越しいただいています!ほとんどの方は都内からおこしなのですが、中には奈良県からいらっしゃった方も!!!副団長が奈良好きなので、テンションアゲアゲでした~笑(←それ、なくもいい情報でしょw by副団長)

練習直前のオケの様子の写真
ふりおろし直前の様子

練習の様子をお伝えしたいところなのですが、前回に引き続き、練習中の写真はすっかり撮るのを忘れてしまいました。トホホ。すみません。

オケチャレ後は、前回に引き続き、参加者から感想をいただきました!

記事の下の方でまた改めて紹介いたしますね~

全2回のオケチャレを終了したこの日は、3連休の中日でもあったので、打ち上げに行ってきました!

オケチャレの感想や今後のオケの在り方といった真面目な話から、「リード楽器はずるい!(某フルートパート奏者)」といった楽器をしているからこそ分かるあるある話まで、ざっくばらんにみんなで楽しく過ごしました!

打ち上げの様子を少々載せていきますね。

(練習の写真より、その前後でご飯食べてる写真のほうが多いのは気のせいですよ)

打ち上げの様子の写真
年の差50歳??の席です笑 良い子はジュースで!

ご夫婦ともに団員のE家は、娘たちも一緒に打ち上げに参加していました。もはや、団の打ち上げというより、「家族でたまたまご飯を食べに来たら、一緒だった」という感じです。

打ち上げの様子の写真
E家の家族団らんの席にまざりこむT君
打ち上げの様子の写真
呑兵衛パート(オーボエパートとも言う)の2人を囲んでパシャリ

【団員募集について】

さて、少し順番が前後してしまいますが、オケチャレに参加された方からの感想を簡単にご紹介しつつ、団員募集のお知らせをしていきたいと思います。

中には2週連続でオケチャレに参加された方もいらっしゃって、このイベントに対する大変温かい感想をいただきました!

“英雄をやってみたかったので楽しかったです。”

“曲の中でどのように弾くべきか、などの説明が細かくあり、勉強になりました。また、オーケストラの中で他のパートを聴きながら合わせるのはとても楽しく感じました。ありがとうございました。”

“オーケストラは初めてでしたが、弾けたところがとても楽しく、雰囲気がとても良かったです。”

“中々オケで吹く機会がないため、とても貴重な機会をいただき、ありがたいです。”

特に団員を募集していなかったフルートパートに参加されていた方からは、「とても雰囲気がよく、入団できればよかったです」といったお言葉もいただきました。残念ながら定員の都合上入団はしていただけませんでしたが、団の雰囲気を気に入っていただけたのは本当によかったなと思います。

このように雰囲気だけなら(笑)どこにも負けないと自信を持っている私たち多摩ファミリーオーケストラ。

弦楽器を中心に、まだまだ団員を募集しています!

興味がわいた方は、ぜひ公式ホームページの団員募集のページをご参照の上、ご連絡ください!

子供から大人まで幅広~い年代で活動しているオーケストラは、なかなかないと思いますよ(^^♪

ぜひ一緒に音楽を楽しみましょう!

今回は2回連続でオケチャレ記事となりましたが、他にもイベントで楽しく過ごしていますので、そちらの様子も近々ご紹介していきます!

それでは!

オーケストラにチャレンジ!Vol.1

こんにちは!オーボエパートのY.A.です!

昨日(2018/7/8)、以前から告知していた、「オーケストラにチャレンジ!!」(オケチャレ、と呼んでいます!)の一回目を開催しました。

なんと、今回は8名もの方にご参加いただけました!

私達も皆さんが少しでも楽しんでいただけるよう準備してきたので、多くの方にご参加いただけて大変うれしい1回目となりました。

次回は、来週日曜日(2018/7/15)に開催いたします。

「楽器をやってるけどオーケストラで弾いてみたい」「昔オーケストラにいたことがあるけど久しぶりに弾いてみたい」という皆さん、ぜひ私たちのオーケストラの練習に体験参加してみませんか?毎年ご好評をいただいています。ぜひホームページからお申し込みください!

http://www.tamafami.com/event_index.html

どんな雰囲気なのか、不安な方は、下記、昨日の振り返りをご参考に!

大変アットホームなオーケストラで、おもてなしムード全開なので、不安にならずに、気軽に遊びに来ませんか?

では!ここから昨日のオケチャレを振り返っていきます。

【振り返り】

普段は14時からの練習に向けて、13時半頃からぼちぼち集まって準備を始めます。

がしかし!

今回は皆さんをお招きするということで、気合を入れて13時には集合し、ミーティングから始めていきました。

普段よりも気合を入れて全員集合!

ミーティング後には全員で協力して会場のセッティング。机を外に運び出し、椅子を並べていきます。指揮者の譜面台を立てるのは、子どものお役目。率先して組み立ててくれました。

皆さんをお迎えする準備は万端です!

セッティング後は、子どもたちが何やらフェルトを使って工作していました。譜面台が似たり寄ったりなので、デコーレーションするそうです!

大学生のお姉さんが準備して、子どもたちと一緒に楽しそうに作っていました!

オケチャレ参加者の皆さんも集まってきました!いよいよオケチャレが始まります!

皆さん一生懸命確認しています
チューニングし、いよいよはじまります。

チューニング後は、オケチャレ参加者の方々をご紹介したあとに、練習に入っていきました。

練習後には、参加者の方一人ひとりから感想をいただきました!

皆さんの感想を聞いていて、楽しんでいたことがわかり、私達も嬉しい気持ちになりました。

振り返りは以上です!冒頭でも案内していますが、オケチャレはもう一回あります。興味のある方は、ぜひぜひご応募ください!団員一同お待ちしております!

上條先生との、初tutti!

こんにちは♪セカンドヴァイオリンのi.wです。

最近暖かくなったと思ったらさむーくなったりと季節の変わり目が感じられますが、みなさん元気ですか?私は、毎朝、服選びでとても迷ったりしているのですが…。

さて、今回は3月18日に行われた上條先生との初tuttiについてかかせていただきます。
上條先生は去年までは管トレーナーの先生だったのですが、今年からトレーナーと指揮者をどっちもやってくださることに!

と、いうことで、3月18日にその初tuttiをやりました。私は初対面でしたが、とても気さくな優しい先生だと知り、安心しました。この時間は、とても色々なことを教えていただき、楽しい時間でした!

上條先生と、あと1年で曲をつくっていきます!
頑張りましょう~(^^)/
(i.w)

合宿に行ってきました!

こんにちは!8月より入団したi.wです。

定演まで残り1ヶ月を切って、どんどん練習がハードになっていますね~!

さて、今日は9/16~9/18に行われた合宿について書かせて頂きます。

初日はパート練習がありました。セカンドヴァイオリンでは合奏では、注意の行き届かない細かいところなどを中心に練習しました。ときどきヴィオラのoさんに教えてもらい、隣で練習しているファーストにたまにつられてしまったり…(これは私だけです)

パート練習写真

その後のtutti(”未完成”)ではパート練習を生かせましたね~♪

二日目はパート練習tutti!合宿ではパート練習がたくさんできたので、苦手なところが大分ひけるようになりました。しかもすぐ後にtuttiで、合宿ならではの練習ができたと思います。

tuttiの写真

夜のBBQや花火、肝試し👻は残念ながら雨のため中止になってしまいましたが、その代わり、夜の練習はなんと、指揮者体験!いろんな人がやっていましたね~♪田中先生ありがとうございます😊

体験指揮の写真

そしてその後、通しを1回。さらにtutti。

終わったときにはもう9時過ぎなのに、さらにそこから呑み会ができるオトナはすごいとおもいます!まあでも、卓球をたっぷりとやってそこから呑み会に参加する私も相当なもんですが…。

卓球の写真

呑み会では超ビッグお菓子が登場!子供たちは、隅でDSをしておりました…。(そしてその後朝の5時まで起きていた人がいるらしいです)

ビッグなお菓子の写真

最終日はさすが最後だけあり気合いがとても入った練習!そして沖縄風の締め(?)(I家の締めです※編集部註)で終わり、それぞれ帰宅。

I家風の一丁締め

私が乗っていたYさんの車では曲当てクイズが盛り上がりました!

合宿を終えてもう本番まで後1ヶ月。合宿の勢いで定演までとばすぞー!!(i.w.)

富士山の写真

おかえりおかえり〜!!

2月最後の練習は、3月5日のフレンズコンサートへ向けてのラスト練習でした。フレンズコンサートとは、団メンバーのアンサンブル力向上と、フレンズ会員さまをご招待することを目的としたコンサートです。各メンバーが忙しい中、グループを作って予定を合わせて練習して来ました。
そして、今日は久しぶりに高校受験だったヴァイオリンのUちゃんが、カムバックしてくれました!(๑>◡<๑)!
受験の夏まで頑張って練習に参加してくれた頑張りやさんのUちゃんがまた、戻って来てくれたことで、弦メンバーもニコニコ( ´ ▽ ` )そして一緒に弦楽アンサンブルで、セントポール組曲と、アンダンテ・フェスティーボ、日野市と共にの三曲を練習しました。
久しぶりで楽しかった〜!!」というUちゃんでしたが。。。
「えええ!!(笑)」と驚きと笑いの声が。そちらを見ると、な、なんと、Cくんとお揃いの靴ではありませんか!!(笑)偶然ですがびっくり!

お揃いの靴

今日も楽しく有意義な練習がこうして終わりました🎵
フレンズコンサート頑張りましょう♪───O(≧∇≦)O────♪

♫スペシャルな練習♫

今日は試奏の日です!

多摩ファミでは、次期定演の曲決めをする時に、候補曲をみんなで試奏して、投票でプログラムを決定するスタイルをとっています。去る2月5日の練習は、曲決めの試奏でライネッケ作曲の「フルート協奏曲ニ長調」とハイドン作曲の「交響曲第104番『ロンドン』」をやりました。

ライネッケのコンチェルトは、多摩ファミの元団員であり、2016年度全日本学生音楽コンクールフルート部門で東京予選一位となったS. T.君がフルートソロパートを吹いてくれることとなり、団員はみんなワクワクでした(((o(*゚▽゚*)o)))

★S. T.君については前回の記事で紹介しております↓
http://tamafami.com/wp/archives/2016/12/20/

久しぶりに練習に来てくれたS君は、背が高くなり、ますますイケメンに!

20172月5日の練習風景

彼の素晴らしい音色で奏でる旋律はとてもロマンチックで、思わず聴き惚れてしまいました。現役フルート団員のC君も、「厚みのある音がキラッキラッと響いていて、音楽の表現力も素晴らしく、15歳とはとても思えない演奏でした」と感服。

指揮をして下さった団員のOさんは、下勉強をしっかりして来てくださり、コンチェルトは難しいね〜とテヘペロ(笑)

ライネッケのコンチェルトは、本当に素敵な曲なので、いつか多摩ファミ出身のSくんと演奏できたらいいな。。。

と願う元フルート団員のMでした♫